【加藤アプリと笑い飯哲夫の梨農業の記録】

 

4月 花取り 梨は人工授粉で実をつけるため、花粉を集めるために花をとります。

5月 摘果 1箇所に5個程度実がなるので、そのうち大きさと形が良いものを残してあとは摘み取ります。

7月 袋掛け、誘引 病気予防のために袋をかけます。大きくなったら小袋から大袋に変えていきます。

          手間はかかりますが農薬量が格段に少なくなります。誘引は枝が上方向に伸びないよう、果実棚と結びつける作業です。

8月 収穫 哲夫農園の二十世紀梨は、8月下旬に収穫し、9月中旬まで販売します。